読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芳野小屋の日誌

小屋の暮らしと、登山やワインの日々

ワイン作り2016 山ぶどう①

ワイン

f:id:sirakawakisimenn320:20161015080520j:plain

山形の「うらやま農園」から山ぶどうが届きました。3㎏注文。今年は「花粉をつける時期が合わず不揃いで申し訳ありません。糖度が上がり次第送ります。」とのメールが9月初旬にありいつもより到着が半月ほど遅れました。因みに、山ぶどうはつるに雄雌あります。

f:id:sirakawakisimenn320:20161015105719j:plain

「除梗」をして3.3㎏ありました。いつも多めに送ってくれます。これを潰します。

f:id:sirakawakisimenn320:20161015121207j:plain

8月に潰したマスカット・ベリーAは粒も大きく手で潰せるのですが山ぶどうは小さく硬いので一升瓶などを使い「破砕」します。

f:id:sirakawakisimenn320:20161015124953j:plain

糖度は19度。昨年の山ぶどうは22.8度、あまりいい出来ではないかもしれません。(自家農園の今年のマスカット・ベリーAは17度でした。)

赤ワイン用酵母を振りかけて出来上がり。

f:id:sirakawakisimenn320:20161015122909j:plain

写真左がマスカット・ベリーA。1,541㏄。二次発酵中ですが8月末の暑い時期だったので一気に発酵したようです。今回は2,000㏄近い山ぶどうワインが出来そうです。

年明けにでも2種類のワインをアンサンブルして瓶詰めしてみましょう。

どぶろく祭り(9月25日)

お出かけ

f:id:sirakawakisimenn320:20160925134401j:plain

観光客で賑わう荻町の喧騒から離れて庄川を上流に車で15分、白川村平瀬があります。昔は御母衣ダム建設やモリブデン鉱山で栄えたところですが、今は白山麓から引いた温泉で10軒近い温泉旅館がある静かな集落です。標高600m冬は豪雪地帯です。

手前の建物が、私のかっての仕事場(高齢者福祉施設)です。庄川を挟んで対岸が平瀬の集落。近くにキャンプ場やスキー場もあり観光客も少なく静かでいいところです。

f:id:sirakawakisimenn320:20160925154422j:plain

まず、平瀬八幡神社に獅子舞が奉納されます。

f:id:sirakawakisimenn320:20160925154639j:plain

「五穀豊穣」に感謝しみんなで酒を飲む。日本の秋の祭りの原点でしょう。

f:id:sirakawakisimenn320:20160925161417j:plain

獅子舞の奉納が終わり「どぶろく」の「ふるまい」が始まります。割烹着姿の村の女性が盃に今年のどぶろくをついでくれます。今年の出来はアルコール度数19度。いつも同様辛口です。(私は荻町:白川八幡のどぶろくが甘くてうまいと思います。)この後、夜には村民芸能大会などもあり盛り上がります。

以後の写真がないのは、昔の仲間とこちらも盛り上がりました。

初秋の白川村(9月25日)

お出かけ

f:id:sirakawakisimenn320:20160925141538j:plain

白川村平瀬のどぶろく祭にまだ時間があるので白川村中心部の荻町を散策しました。展望台から。白川郷といえばここからの眺めでしょう。

f:id:sirakawakisimenn320:20160925142601j:plain

ここも合掌造りの写真スポット。

f:id:sirakawakisimenn320:20160925143734j:plain

荻町白川八幡宮。ここのどぶろく祭りは10月14日・15日。白川村に神社がいくつあったか忘れましたがどぶろく造りの免許がある神社は、平瀬、木谷、荻町、鳩ケ谷、飯島の5社で最後のどぶろく祭りが飯島で10月19日。祭りが終わると白川村は冬の準備に入ります。

f:id:sirakawakisimenn320:20160925144339j:plain

観光客の少ない場所で稲刈り。村人の生活があります。

白川村が美しいのは、生活の場としての合掌集落と山里の自然との調和だけではなく、厳しい自然環境の中でこれまで脈々と暮らしてきた人々の魂の神聖な住処だからではないでしょうか。

f:id:sirakawakisimenn320:20160925144649j:plain

誰が置いたか栗のあく抜きでしょうか。

f:id:sirakawakisimenn320:20160925145156j:plain

明善寺と庫裏。私の好きな写真スポットです。そろそろ平瀬の祭りが始まります。

うだつの上がる町

お出かけ

f:id:sirakawakisimenn320:20160925110348j:plain

白川村平瀬の「どぶろく祭り」に行く途中、土産用に清酒を一本買いに立ち寄った岐阜県美濃市の造り酒屋 小坂酒造。国指定重要文化財になっている小坂家住宅です。

f:id:sirakawakisimenn320:20160925110053j:plain

店先でお酒を販売しています。「百春 金杯」を一升購入。

f:id:sirakawakisimenn320:20160925110102j:plain

奥がとてつもなく深いですね。

f:id:sirakawakisimenn320:20160925110126j:plain

さらに奥は酒蔵があります。こんなところにも杉玉があります。青い杉玉がつるしてあるころ新酒を買いに来たいものです。

f:id:sirakawakisimenn320:20160925110206j:plain

のれん越しに外。土間がなんとも言えませんね。

f:id:sirakawakisimenn320:20160925110254j:plain

「うだつ」が上がった「むくり屋根」が素晴らしいです。うだつの上がる町並みは重要伝統的建造物保存地区に指定されいます。次回はついでじゃなくじっくり寄りたいと思います。

 

5,000アクセス達成

いろいろ

本日、アクセス数がようやく5,000を達成しました。2013年3月1日に投稿を開始して3年6か月、投稿数210での達成です。 有難うございます。

投稿を開始したころの芳野小屋の「菩提樹」。

f:id:sirakawakisimenn320:20160904110624j:plain

f:id:sirakawakisimenn320:20160904113535j:plain

3年でかなり大きくなりました。悟りが開けそうです。

アクセスは平均すると1日に3.35回。ゼロの日も続くことがあります。そんな時は、家内に「見てね」と頼んだりします。以前は、2006年から2013年までヤフーブログに「白川村単身赴任記」としてやっていましたが、コメントの返事などが煩わしく「はてなブログ」に変わりました。でもアクセスが少ないのも寂しいものですね。

これからものんびりとお付き合いください。   

ヤフーのブログ


ポケモンGoの聖地

いろいろ

名古屋市のほぼ中心部に「鶴舞公園」(正式には「つるま」と読むようですが名古屋では「つるみゃ」だと思います。)があります。7月ごろよりポケモンGoの聖地と言われ多くの人で賑わっていました。今でも結構います。この人々はみなスマホを持ってうろついています。

f:id:sirakawakisimenn320:20160918164712j:plain

この公園には、むかし動物園があったとのことでポケモンをゲットするには最適な場所かもしれませんね。

f:id:sirakawakisimenn320:20160918170547j:plain

これが噴水塔。

f:id:sirakawakisimenn320:20160919164934j:plain

この噴水塔が上から見るとモンスターボールに似ていることから聖地と言われています。

f:id:sirakawakisimenn320:20160918170558j:plain

我が家は昔この近くに住んでいたこともあり時々散歩に出かけます。

私も何匹かゲットしました。  あなた(我が家の犬)も進化しなさい。

ドッグラン

つぶやき

f:id:sirakawakisimenn320:20160910173459j:plain

犬を飼うようになって1年。出かける機会が犬の散歩に代わってしまいました。

ここは名古屋の庄内緑地公園。土曜日はドッグランに出かけます。

f:id:sirakawakisimenn320:20160910173620j:plain

f:id:sirakawakisimenn320:20160910174711j:plain

ドッグランでは、一匹に弱みを見せるとほかの犬たちもそれに加わりいじめてきます。人間界の「いじめ」と一緒です。弱みは見せてはなりません。

芳野小屋の「ソロ」君は最近大きな犬に軽く追い回されていじけていますが、ドッグランには公園の中を勇んで向かいます。犬になりたいときもあります。