読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芳野小屋の日誌

小屋の暮らしと、登山やワインの日々

介護保険改正の行方

介護
f:id:sirakawakisimenn320:20130825092512j:plain
まだまだ暑いので芳野小屋を離れ白川郷から奥美濃に行ってきました。高山市荘川の道の駅で売っていた「マムシ」。焼酎につけると精力抜群と書いてありました。お値段5,000円。
 
最近、社会保障制度改革国民会議の提言があって、2015年の介護保険改正のポイントが見えてきました。基本的には介護保険総費用の抑制です。(制度スタートの2000年3兆6273億円、11年8兆2253億円、25年予想21兆円と恐ろしい推移)
○高齢者の介護サービス利用の自己負担分を夫婦の年収が多い世帯(3百数十万円以上まだはっきりしない)で、現在の1割負担から2割負担に。
○介護度(介護の必要性)が低い階層「要支援1.2」は、現在介護保険の予防給付で賄われていますがこれを介護保険から切り離し市町村の事業に移行する。
いずれしても改正の度に費用抑制のため、介護保険制度は複雑になり運営側は制度に対応してビジネスモデルを検討し、いかに効率よく介護報酬を頂くか考えます。
私は、制度を気にしながらも、いいんだ!いい仕事を目指すんだ! などと「マムシ酒」はあきらめまして糖質0の発泡酒をあおるのであります。