芳野小屋の日誌

小屋の暮らしと、登山やワインの日々

九州の海

f:id:sirakawakisimenn320:20150905153237j:image
博多は、港街。海はいいですね。「シーサイドももち」から「ヤフオクドーム」。
名古屋港は、日本一の貿易額(2013 貿易統計16兆3千億円)を誇る港ですが、「伊勢湾台風」のトラウマからかウォーターフロントが全く味気が有りません。
博多から唐津へ(唐津城から)
f:id:sirakawakisimenn320:20150905203405j:image
唐津から平戸へ(平戸城から)
f:id:sirakawakisimenn320:20150905203758j:image
最後は平戸:田ノ浦温泉  小さな入江の一軒宿f:id:sirakawakisimenn320:20150905203906j:image
旅館側からの入江。
f:id:sirakawakisimenn320:20150905204947j:image
九州の海は朝鮮半島や大陸に続いている感覚がして、また良し。今、司馬遼太郎の「空海の風景」を読んでいるので遣唐使の海を思い浮かべます。
やっぱり、海はいいですね。