芳野小屋の日誌

小屋の暮らしと、登山やワインの日々

ワイン作り2015 ブドウが届く

f:id:sirakawakisimenn320:20151004003015j:image
山形県鶴岡の「うらやま農園」から頼んでおいた「山ブドウ」が届きました。
今年のワイン作りの始まりです。
ワインは、いつでも飲めますが作るのは年に1回です。私は、あと何回ワインを作れるだろうか?そんな事を考えると4回目を迎える今年のワイン作り、まなじりを決して臨まなければなりません。
f:id:sirakawakisimenn320:20151004003155j:image
今日の工程は、除梗(房からブドウを外す)まで。本来は破砕(潰し)まで一気やるのですが今日は除梗に7時間もかかったので、明日潰すことにしました。結局5.5kgの果粒でした。
大きいブドウが巨峰。山ブドウは小さくて肉厚で、色素が豊富です。

ワイン作りは基本的にとても単純でブドウを潰して待てば自然に発酵してワインが出来ます。(私は酵母菌と砂糖を入れます。)
良いワインを作るには、健全で熟しているブドウが必要です。やはり良いブドウを作ることに尽きるのです。そこで自分でブドウ栽培を始めることにしましたが、今年はまだ自分のブドウが収穫出来ません。来年を楽しみに。