読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芳野小屋の日誌

小屋の暮らしと、登山やワインの日々

ワイン作り2016 山ぶどう①

f:id:sirakawakisimenn320:20161015080520j:plain

山形の「うらやま農園」から山ぶどうが届きました。3㎏注文。今年は「花粉をつける時期が合わず不揃いで申し訳ありません。糖度が上がり次第送ります。」とのメールが9月初旬にありいつもより到着が半月ほど遅れました。因みに、山ぶどうはつるに雄雌あります。

f:id:sirakawakisimenn320:20161015105719j:plain

「除梗」をして3.3㎏ありました。いつも多めに送ってくれます。これを潰します。

f:id:sirakawakisimenn320:20161015121207j:plain

8月に潰したマスカット・ベリーAは粒も大きく手で潰せるのですが山ぶどうは小さく硬いので一升瓶などを使い「破砕」します。

f:id:sirakawakisimenn320:20161015124953j:plain

糖度は19度。昨年の山ぶどうは22.8度、あまりいい出来ではないかもしれません。(自家農園の今年のマスカット・ベリーAは17度でした。)

赤ワイン用酵母を振りかけて出来上がり。

f:id:sirakawakisimenn320:20161015122909j:plain

写真左がマスカット・ベリーA。1,541㏄。二次発酵中ですが8月末の暑い時期だったので一気に発酵したようです。今回は2,000㏄近い山ぶどうワインが出来そうです。

年明けにでも2種類のワインをアンサンブルして瓶詰めしてみましょう。