芳野小屋の日誌

小屋の暮らしと、登山やワインの日々

2017.ワイン作り つれずれに

f:id:sirakawakisimenn320:20170905205410j:image

 2日後、マスカットベリーAは盛んに発酵しています。昨夜、補糖のため45gの砂糖を投入。昨年も単体では色素も薄く味も薄かったので10月 に山形「うらやま農園」から届く山ぶどうで醸すワインとブレンド(4:6)しましょう。

 山ぶどうワインは、近くでは福井県大野の「白山ワイナリー」があります。ただ、山ぶどうは雄雌があり栽培は難しいのです。でも、色素も濃く、糖度も高く、日本の素晴らしいワインぶどうだと思います。

f:id:sirakawakisimenn320:20170905122513j:image

  自家農園「川名山ビンヤード」のメルローは、今年も不作で名古屋の暑い気候では無理だと思います。やはり冷涼(塩尻桔梗が原などが有名)な場所が最適でしょう。来年は、品種を替えようかな。例えば、

f:id:sirakawakisimenn320:20170905210757j:plain

 「甲斐ノワール」などやってみようかなー。

  栽培をお考えの方は、山梨県の「㈱植原葡萄研究所」がお勧めです。

 

 明日、補糖の残り半分の45gの砂糖を投入して一週間後の一次発酵終了を待ちます。