芳野小屋の日誌

小屋の暮らしと、犬、畑、登山、ワイン等の日々

上高地

f:id:sirakawakisimenn320:20171028074456j:plain

久しぶりの上高地です。河童橋から岳沢、穂高。やっぱりこの眺めでしょう。

f:id:sirakawakisimenn320:20171028084758j:plain

これも久々の登山系キャンプ。台風で一週間延ばしたのですがまた台風が接近してまして、小梨平でキャンプ。

f:id:sirakawakisimenn320:20171029172942j:plain

さすがにこの時期、この天気で人も少なく静かな小梨平です。初日28日は、徳沢まで空荷でぷらり。

f:id:sirakawakisimenn320:20171028090600j:plain

カラマツ林の中を小川が流れます。水際がいいですね。土手との高低差がありません。夏はいるんですよ。イワナが。釣ってはダメですけど、入れ食いでしょうね。

f:id:sirakawakisimenn320:20171029173040j:plain

昼前から雨が降ってきました。

f:id:sirakawakisimenn320:20171028100347j:plain

スギゴケでしょうか。いい森です。

f:id:sirakawakisimenn320:20171028103321j:plain

1時間50分で徳沢に到着。ハルニレやカツラの巨木が点在する徳沢園。新緑の頃はニリンソウなども群生して、最高のテント場です。登山者には楽園ですね。子供が出来て家族で念願のキャンプをしました。それまでは、穂高岳槍ヶ岳登山の通過点でした。

f:id:sirakawakisimenn320:20171028115326j:plain

帰路は、穂高神社(写真は明神池)にお参り。穂高神社奥宮で本社は安曇野にあり大昔 我が故郷の福岡志賀海神社の海人一族:安曇氏がその地に定着し祖神を祀ったのが起源とか。山に海とは面白いもんです。

f:id:sirakawakisimenn320:20171028115902j:plain

お参りの後は「嘉門次小屋」で休憩。山案内人の上条嘉門次が明治に建てた山小屋。

f:id:sirakawakisimenn320:20171028120818j:plain

で、お楽しみのイワナの塩焼きと熱燗。この二合徳利はいいですね。フキみそもいいですね。イワナは釣りをするのでよく食べますが、囲炉裏の火で焼くのはまた格別ですね。焼いているお兄さんにどこ産のイワナかと尋ねるとよく行く「開田高原」から持ってくるとのこと。

f:id:sirakawakisimenn320:20171029174407j:plain

いい気分で雨の中を小梨平のテントに帰りました。

テントは、25年位前に購入したものですがまだまだ使えます。白い冬用内張を張って寒さ対策。ガスを燃やせば暑いくらいです。

f:id:sirakawakisimenn320:20171029174450j:plain

そして、夕食には、自家製ワイン「山形ルージュ2015」2年物で味がまろやかになっておいしいです。フライパンには、いわしのトマト煮。などなど。幸せなひと時でした。

 

この後、深夜、雨でテント下に水が溜まりウォーターベット状態となって、雨の中テントを移動する羽目になろうとは知らずに、まだご機嫌でした。

翌日も台風の接近で雨。早々に撤収し帰路につきました。