読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芳野小屋の日誌

小屋の暮らしと、登山やワインの日々

畑を始めます。

f:id:sirakawakisimenn320:20161211144605j:plain

愛知県の岩倉市を南北に流れる「五条川」は、河川堤防に約1,400本の桜の樹が並ぶ花見の名所です。

f:id:sirakawakisimenn320:20161211141814j:plain

その五条川の横にある畑をひょんなことから借りることになりました。(上の写真)どうでしょうか10坪位はあると思うのですが、耕運機なども地主さんが貸してくれて年間4,000円だそうです。名古屋市の私の芳野小屋から車で30分程度の距離です。

借りることにしたのはいいんですが私鉢植えのブドウや植木は育てていますが「畑」など生まれてこの方やったことがありません。来週にでも地主さんが土を耕運機で起こしてくれるそうです。さあ~何から始めればいいものか。どうなることか。

 

 

角打ち

f:id:sirakawakisimenn320:20161126213236j:image

勤め先に酒好きな同僚が居ます。最寄りの地下鉄の駅までに安くて気の利いた飲み屋がありません。そこで時々コンビニで「角打ち」をして帰ります。写真は、二人で「ローソン」の店内カウンターでおでんをつまみにビールを飲んだ時のもの。

「角打ち」とは酒屋の店頭で酒を飲むことで北部九州では一般的です。コンビニで「角打ち」は少ないと思いますがつまみも豊富でトイレもありますので快適です。

また今回は、写真でもわかりますが「ボーズ」のブルートゥーススピーカを持ち込みiPhonに入れてるジャズを聞きながら一杯やりました。こんなことを二人合わせて107歳のおじさん達がやっていいのでしょうか?

 

海か犬かワインか家内か。

f:id:sirakawakisimenn320:20161121215426j:image

晩秋の海、昨日は暖かかでした。愛知県知多半島・内海千鳥が浜。

f:id:sirakawakisimenn320:20161121215715j:image

ところで、ボジョレーヌーヴォーを飲みました。(空き瓶の写真で申し訳ありません。)

これまではスーパーの売残り超安物しか飲んだ事がなくヌーボーに興味はありませんでした。

が、これは美味かった。フルーティーで酸味が無くジュースのようで華やかでした。うまいとおもいました。

マセラシオン・カルボニック。この製法は、ブドウを破砕しないでタンクに入れます。下から潰れて発酵します。炭酸ガスがタンクに充満し他のブドウも酵素の働きでリンゴ酸が分解されアルコールが出来ます。ブドウの皮からも色んな成分が出てきて素敵な新酒を作ります。

芳野ワイナリーのワインはもう少し寝かせてみましょう。

f:id:sirakawakisimenn320:20161121223751j:image

ボジョレーヌーヴォーを買ってくれた人に感謝。

 

のどかな秋

f:id:sirakawakisimenn320:20161112143941j:plain

名古屋市名東区の牧野が池公園。本日お気に入りの1枚です。

f:id:sirakawakisimenn320:20161112143954j:plain

猟犬としての本能が目覚めましたか定かではありません。

黄昏にたそがれる

f:id:sirakawakisimenn320:20161105165244j:plain

芳野小屋のたそがれ時に、たそがれる犬。それを撮る。平和な夕暮れです。たまに良し。

酒造りの神

f:id:sirakawakisimenn320:20161031221049j:image

酒についての本は多いですが、酒の飲み方がどういうふうに変わったかについて書かれた本は少ないです。柳田国男著「酒の飲みようの変遷」は面白いですね。お酒の好きな方は是非一読してみてください。(遠野物語集英社文庫に一緒に入っていました。)

さて、最近読んだ、神崎宣武著「酒の日本文化」に、酒造りの神は「松尾明神」とありました。勉強不足で知りませんでしたが京都嵐山地区にあるそうです。分社が愛知県小牧市にあるとのことで、わたくしも醸造家の端くれ。是非詣でなければと出かけました。小牧神明社にお稲荷さんと一緒に境内に合祀された小さなお社でした。

「今年のワインがおいしく仕上がりますように。」ぱちぱち。

 

ワイン作り2016 山ぶどう②

f:id:sirakawakisimenn320:20161023130345j:plain

先週の日曜日に、除梗→破砕→酵母添加を行い一次発酵に入りました。途中にアルコール度数を上げるために補糖を行い本日「搾汁」を行いました。「さらし」で絞ります。

まず、ビンを傾けると果汁が出てきます。これは「フリーランスマスト」と言われます。このあと果皮などの固形分を圧搾して出てくるものを「プレスマスト」と言い前者のほうが良質で分けて仕込むそうですが私は量が少ないので一緒にします。

f:id:sirakawakisimenn320:20161023135026j:plain

3,301gの果実から2,200gのマストが取れました。搾汁率66.6%。

8月に仕込んだマスカット・ベリーAと比べると濃厚さがわかります。山ぶどうはいいワイン用ブドウだと思います。

f:id:sirakawakisimenn320:20161023135359j:plain

いよいよ2次発酵の始まりです。ワインは、酸化を嫌うので2次発酵からエアーロックを付けて外気を遮断します。糖分を酵母がアルコールに変えその時炭酸ガスが出ます。ガスがたまりエアロックを浮かせます。「ポコ」という音がしてガスが外へ出ます。

最近ミニコンポを買い直しました。ジャズを聴きながらブログを書き,横でエアロックを押し上げる戻る「ポコ」を聞く。至福の時でしょう。